顔の肌の移り代わり

医師の存在に注目

エステは医療行為不可

美容外科を選ぶときに同じように競合してくるのは、名古屋で展開されているエステティックサロンです。いわゆるエステとも略されるその施術を受けることも名古屋のあちこちでできるようになっていて、美容を追求したい男女に様々な施術を提供しています。特に、アンチエイジングの目的で利用されるしわ取りなどの施術は、エステなどでも受けることができるようになっていることから、美容外科を受けるべきかどうか悩むことも多くなります。ここで考えるべきことは、エステは医療行為不可の場所で、その施術は問題の治療ではなくリラクゼーション行為を目的とする、という決まりがあることです。名古屋にあるエステを含めて、全国のエステでは医療行為を受けることはできません。セラピストという名があることからもわかるように、心理的な癒やしを提供することにエステの目的があります。美容的な意味では、リラクゼーションの結果同時にきれいな素肌が手に入れば良い、という副次的な効果を期待するもので、必ず効果を発揮できるとも限らないのがエステの問題です。それに対して、美容外科では医療行為として医師が所属して施術を行います。服薬が必要な病気には内科医の診察と投薬で治すことができたり、腱の断裂などは整形外科医の診察と手術で治すことができたりするのと同じように、美容的なコンプレックスを手術で治せるのが美容外科です。コンプレックスの「治療」のために、適切な投薬や外科的手法としての手術を施すことができるのは、美容外科だけです。名古屋で確実に美容的な成果を出したいと思ったなら、エステではなく美容外科を利用するべきなのは明らかです、美容というジャンルに長けた外科医が所属する病院がたくさんある名古屋だからこそ、自分の体を預けられる病院がたくさんあります。